ご葬儀に関するQ&A

Q1. 喪主は誰にするのがよいですか?

故人様ともっともつながりの深い方が務めます。一般的には、配偶者やお子様が喪主になります。配偶者がご高齢などの場合はお子様が務められることも多いです。ご親族の間でご相談ください。

Q2. 葬儀を行うにはどこに連絡をし、なにを頼むべきでしょうか?

まず死亡診断書をそえて役所に死亡届をします。そこで火葬許可書を受取り、火葬場の予約をします。(火葬は死後24時間経過したあとで行います)そのあと、葬儀式場の手配と祭壇の設置などの準備をします。こうした作業はすべて葬祭業者で代行致します。
寺院に読経を依頼する場合には、寺院の都合を聞いて決めます。いずれにいたしましても、どのような葬儀を行うかを専門家と打ち合わせる必要があります。

Q3. 葬儀費用はどれくらいかかりますか?

故人の生前の立場、付き合い方などが個人によって様々なように葬儀も個々で方法が違い、当然金額も違います。葬儀社に依頼するときも見積書をもらい、希望をはっきりと伝えて相談しましょう。

Q4. お葬式のお経の費用はどの程度でしょうか?

宗派、地域、寺院ごとに異なり、一概に言えませんので、率直に僧侶にお尋ねするのがいいでしょう。

Q5. 戒名(法名)は種類によって費用が違うようですが?

戒名には「信士」「居士」「院居士」というような格付けがあり、この順序に沿って費用が高くなっています。戒名料の金額は、寺院や地域によってかなり幅があるようですし、支払方法もお経料と戒名料が別途になる場合もありますし、お経料に戒名料が含まれる場合もあります。

Q6. お布施はいつ渡せばいいの?

葬儀の翌日に、枕経から初七日までの読経や戒名なども含めたお布施をお世話になった寺院にお持ちになる場合が多いです。ご自宅が遠方ですぐに帰られる必要がある場合などは、葬儀直後に渡されても結構です。

Q7. お布施の表書きには何と書けば良いですか?

仏式の場合は、読経料や戒名料などを一緒に包み、表書きに「お布施」とお書きください。

Q8. その他にもお寺に支払うものがありますか?

僧侶に食事を出さない場合には「御膳料」を、交通費が必要と思われる場合には「御車料」を、それに相当する金額を目安にして、別途に包むようにするとよいでしょう。また、お葬式の会場に寺院をお借りした場合には、その費用を「御席料」としてお支払いします。

Q9. 葬儀の後での香典は?

近年は家族葬の形態が増えてきたために、親しくしていた人の死も後から、お葬式も何もかも済んでから耳にすることが多くなりました。親しくしていた人の場合、それを聞いて何もしないというのは気持ちが落ち着かないものです。その場合、香典かお花でも贈りたいと考えることは自然なことです。
予め聞かされており、「弔問、香典、供花を辞退します」と言われていたなら別ですが、まったく知らされていなかったのですから、聞いた人がその人の気持ちで行動してよいのです。香典、供花にはいつまで贈るものという期限がありません。たとえお葬式が済んでいようと、一周忌が済んでいようと贈っていいのです。

Q10. 人数の把握は何を基準にしたらいいのでしょうか?

おおよその人数は、故人、喪主、遺族の親戚関係と、友人や仕事関係、近所の方々などを考え合わせれば大体の見当が付くものです。また、故人宛の年賀状の枚数を参考にしてみるのもいいでしょう。なお、夫婦や家族ぐるみの弔問も考えられますので、多少の余裕を持たせておいたほうがいいかもしれません。

Q11. 急な訃報の場合、服装はどうするべきでしょうか?

きちんとしていれば普通の服装でも構いません。通夜でも告別式でも喪服を着ることが多くなりましたが、平服で失礼なことはありません。黒だからといってミニスカートやピンヒールは避けましょう。アクセサリーなどは婚指輪以外は外すのがマナーです。

Q12. 香典の金額の目安はどのくらいなのでしょうか?

両親の場合は5万~10万円、兄弟姉妹の場合は2万~5万円、祖父母・叔父・叔母・その他親族の場合は1万~3万円、友人・知人・仕事関係の場合は2千~5千円が一般的です。