ご葬儀の流れ

1.危 篤

2.臨 終

3.寺院への連絡

4.枕 経

「枕経」とは、「まくらぎょう」もしくは「まくらきょう」と読み、臨終を迎える方のために行う仏教儀式の一つで、文字通り枕元であげられるお経です。この時、遺族は僧侶の後ろで亡くなった方の冥福を祈ります。以前は臨終(りんじゅう)を迎える人の枕元でお経をあげていましたが、現在は臨終後に行うのが一般的です。

5.葬儀内容決定

6.準備と手配・手続き・死亡の連絡

7.ご納棺

8.お通夜

9.ご葬儀準備

10.おとき

「お斎(おとき)」は初七日など法事のあとで行う会食。元来は僧の食事。「斎」の意味は神仏をまつる前に飲食や行いを謹んで心身を清めたり、神事を行うことをいいます。

11.ご葬儀

12.告別式

13.お別れ・ご出棺

14.火 葬

15.初七日法要

故人は命日から四十九日目には生まれ変わるという仏教の考え方があり、7日ごとに供養します。一般的に、故人の命日から七日目を「初七日」と呼び、仏教では一つの節目とされています。

16.精進落とし

「精進落とし」とは、初七日の法要後に、僧侶や葬儀を手伝ってくれた人たちをねぎらうために設けられる会食の場のことです。精進落としは本来、四十九日の忌明けに行われるべきものでしたが、現在では、葬儀当日に行われる七日法要の後で開催されるのが一般的です。

17.後飾り

「後飾り」とは、葬儀が終了してお骨を自宅へかえす際に一時的に安置するための祭壇のことです。後飾りを作る目的は安置だけではなく、故人の冥福を祈る場所を作るという目的もあります。また、お葬式に参列できなかった方が弔問してくださる際、お参りする場でもあります。

18.納 骨